コンフォートゾーンの外にネットワークビジネスがあった

成功するためには、居心地のいい場所に
ずっと居てはダメなんですよ



私が、ネットワークビジネスを始めたのは
成功という気分を味わいたいからです。

主婦だって、アラフィフだって、
成功できるってところを見せたいじゃないですか。

夫にも子供にも胸を張って。

避けていたネットワークビジネスを始める

今いる場所には、専業主婦の私がいます。
とても、成功しているとは言えません。
(そう、私が思っていたのです。)

私の定義する成功とは、
すべてにゆとりがある生活を送ることです。

時間・お金・健康すべてのゆとりです。

そう考えたとき、
コンフォートゾーンの外へ出ることが
必要だとハッキリ自覚しました。

出ないと、何時まで経っても
普通の主婦のままなのですから。

そして、ご縁があり、
インターネットのネットワークビジネスを
今のチームで始めることにしました。

ずっと嫌で、避けていたネットワークビジネスを始めて、
私のコンフォートゾーンは広がりました。

成功するためには、今いる居心地のいい場所
つまりコンフォートゾーンの外に
出ないといけなかったんです。

コンフォートゾーンの外に出たら、ワクワクしてきた

いざ、外に出てみると、案外また居心地がよかったんです。
なぜでしょうか?

それは、この仕事をすぐに好きになったからです。

「仕事とは寝食を忘れて没頭する大人の遊びである」
という言葉を聞いたことがあります。

始めて間もない頃は、お昼ご飯を食べるのを
忘れたりしてました。

でも、まったく苦でも、嫌でもなかったのです。

記事を書きだすと、時間があっという間に
過ぎるんです。

なので、仕事は私の遊びかもしれません(笑)

しかも、重要な遊びです。
そして遊びなので、飽きることもないんです。

毎日1記事、ずっと書きていけます。!

成功したいなら、コンフォートゾーンの外に出ましょう

ネットワークビジネスだけでなく、
どんな仕事にも言えることです。

遊びと思えるくらい好きな仕事が、
あなたにも見つかりますように。

そして、成功したいと思ったら、
ちょっと無理して居心地の悪い場所へ出てください。

少しずつでいいので、コンフォートゾーンを
広げていって、成功してください。

人によっては、コンフォートゾーンを
広げるのに、痛みが伴う人もいます。

それを乗り越えて、先に進むことが、
成功への道なのかもしれません。