企業が兼業・副業を勧める時代,勝ち抜く仕事とは?

兼業・副業を勧めるには理由があるはずです。
理由は何であれ、流れに乗って兼業・副業を始めましょう。

和(Kazumi)からの伝言


今後、今まで禁止されてきた兼業・副業を
認める企業が大幅に増えることは確実です。

なぜなら、終身雇用の時代は過ぎ去り、
転職は珍しい事ではなくなりました。

政府も経済の活性化を狙い、
勤め先に縛られない豊かな発想の人材を発掘したいという方針です。

また、大企業が優秀な人材を抱え込み
すぎているという見方が強いようです。

日本は、常に欧米に一歩遅れる傾向があり、

欧米の企業では、
兼業を認められた社員が起こした新規事業が
大きく成長するケースが目立つようになりました。

これって、ネットワークビジネスにもあてはまります(*^^)v

兼業・副業なら起業に失敗しても、
職を失うというリスクがなく、起業の弾みになります。

この時代だから、副業は必要です

流れが、副業を持つという事になってきているのですから、
逆らわずに副業を持ちましょう。

本業がおろそかになることや、
過労で健康を損なうことへの懸念が大きいとされ、
兼業・副業に反対する企業もあります。

ですが、
インターネット展開のネットワークビジネスは
決して過労になることはありませんから。

在宅で、隙間時間を使ってできますから。

自分のペースに合わせて仕事ができます。
時間を費やすれば、それだけ早くに結果が出るかもしれません。

従来のネットワークビジネスの様に
セミナーやミーティングなどで、出かける必要はありません。

チャットワーク・スカイプを使いますので、
完全に在宅で出来る仕事!

副業には最適です。
しかも、今後につながる

  1. ネットのスキル
  2. SEO対策のスキル
  3. ライティングのスキル

の3つのスキルがアップします。

仕事をしながら、スキルも身に付きます。

一粒で二度おいしいというキャッチコピーがありますが、
一粒で三度おいしいって感じです。

ネットワークビジネスの参加者は
個人事業主ですので、起業と考えらえます。

経済の活性化に一役を担います。

普通の主婦にだって、活躍の場はあるのです(^o^)/



知らないと損するネットワークビジネス成功の極意教えます

資料請求はこちらへ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

a:101 t:1 y:0