シングル女性老後の収入は自分で補強!MLMは最強の味方

老後のことを不安に思うだけでは何にも変わらない!
まずは、自分の収入を確保することです。

和(Kazumi)からの伝言


シングル女性の老後資金はどのくらい必要か?

60歳以上のシングル女性が、1か月に使う生活費は、
全国平均で15万6000円。



60歳女性の平均余命28.68年を見越した89歳までの生活費は
総額で約5400万円ということです。



また、老後も少し豊かな暮らしをしたい人は、
あと5万円収入を上乗せして
月額20万6000円として計算すると、
60歳以降に約7200万円必要となります。



ただし、この収入すべてを60歳までに
現金で用意しなくてはいけないわけではありません。



65歳から年金を受け取るであろうし、
会社から退職金をもらえる人もいます。


老後の収入は平均で3300万円必要・・・

総務省家計調査(平成27年)によると、
シングル女性の平均的な老後の収入は11万5179円/月です。



老後の収入の柱は、老齢年金を中心とする社会保障給付です。
老齢年金の受け取り開始は65歳からなので、

ここでは60歳で退職してから5年間は無収入、
その後65歳から24年間は11万5179円/月の年金等収入がある
という前提で計算をしたいと思います。



<老後の収入>
11万5179円×12か月×24年間=3317万1552円

老後の年金収入は約3300万円ということがわかりました。
※なお、私たちが将来もらえる老齢年金は、現役時代にどんな働き方をして、どんな種類の年金に加入していたのか、いくらの年金保険料を何年間支払っていたのか等によって将来の受け取り金額が変わります。
※自分の年金がいくらくらいもらえるのかを調べたい場合には、日本年金機構が運営する「ねんきんネット」で具体的に試算することができるので、ぜひ試してみてください。

自分でいくら用意すればいい?

60歳からかかる生活費と、
65歳からもらえる年金等収入の平均がわかったところで、
肝心の自分で用意すべき金額を試算しましょう。



【60歳までに自分で用意したい金額】
●平均的な暮らし ※月額15万6000円
5400万円-3300万円=2100万円



●家賃の支払いが続く人、ゆとりのある暮らしがしたい人 
※平均的な暮らしに月額5万円上乗せ
7200万円-3300万円=3900万円



シングル女性の場合、
60歳以降に平均的な生活水準を満たす暮らしをするだけで
2100万円



それよりもあと収入5万円余裕がある暮らしをしたいなら
3900万円を、自分で用意しておく必要がありそうです。



なお、これから準備していく金額はここからさらに、
以下を差引くことができます。


・受取予定の退職金

・受取予定の個人年金や生命保険の準備金

・すでにある預貯金等



自分で貯めるべき金額が2100万円と聞いてびっくり!



どうしよう!

でも、ここで「もう無理」とあきらめたら未来はお先真っ暗。

自分の収入を本業だけに頼らず、補填(ほてん)しましょう!

まず、少しずつ貯める努力を始めましょうか。
とは言っても、毎月そんな余裕がないって言う人、
いませんか?



でしたら、副業を持てば安心では?!



なかなか、ずっと先の未来のために今の生活を楽しまずに、
貯金するのは難しいですよね。

生活費は、本業の収入でまかない、
副業収入で生活に潤いを与え、貯金もするのはどうですか?!



私は、シングルではありませんが、
シングルとして計算された金額を自分の為に、
用意したいと思っています。



私は、自営業者の妻なので、退職金は今の所ありません。



ですから、老後には約4000万円必要になります。
今、50代なので、もう準備をとっくに始めないといけなかったのに(汗)



と言う訳で、今から自力でお金を貯めていきます。

インターネット展開のネットワークビジネスなら、年金に上乗せできる

インターネット展開のネットワークビジネスに参加しているので、
将来の権利収入を目指しています。



今、話題の
「下流老人」には絶対になりません。目指せ!上流老人です。

しかも、老人には見えない老人を目指しています。

すべてのことが、
インターネットのネットワークビジネスに
参加することによって叶えられます。

  • 経済面
  • 健康面
  • 美容面

全部です。豊かな老後は、自分自身の行動からです。



知らないと損するネットワークビジネス成功の極意教えます

資料請求はこちらへ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

a:103 t:2 y:0