ネットワークビジネスは購買型?販売型?どっちがいいの?

ネットワークビジネスには「販売型」と「購買型」の2種類があります。

ネットワークビジネスが日本に入ってきたころは、
「販売型」が主流でした。

いわゆる代理店型のビジネス「販売型」が主流でした。

しかし、最近は消耗品などが中心で、他人に販売しないで
自分が購入・愛用し、宣伝(広告)する
「購買型」が多くなってきています。

ネットワークビジネスは変化し、進化しています

あなたがネットワークビジネスに参加するとすれば、
「販売型」と「購買型」で結果が大きく違ってきます。

販売型とは
自分がが製品を購入(仕入れ)し販売します。
(購入金額に準じて仕入れ値が下がってきます)

誰かに定価で販売すると、販売額と仕入れ値の差額が収入に
なるのが「販売型」の基本です。

    「販売価格」ー「仕入れ値」=「収入」
      100%    50%    50%

次に、自分の下に新規参加者を集めることで、
チームが拡大し、チーム全体の売り上げが増加!

それによって仕入れ価格が下がり、
販売価格と仕入れ値の差が増え、収入が増えます。

営業が得意な人には向いています。

しかし、あくまでも自分で販売し、
商品が売れないと収入にはなりません!

また在庫を抱え込むというリスクがあります。

購買型とは

販売をせず、在庫を持たないネットワークビジネスです。
自分が気に入った商品を愛用するだけでビジネス参加できます。

購買型は販売をせず、自分が愛用して良さを宣伝(広告)し、
他の人に会社や製品を紹介し、気に入ってもらえたら購入してもらい
会社から手数料を頂くという感じです。

購買型の方は、定期的に商品の購入を継続して頂けることで
手数料も継続します。

なので、私たちは購入者に継続していただけるような
活動をします。

自分が購入(愛用)宣伝(広告)することで
参加者(愛用者)の組織が拡大し、

参加者の組織が拡大することで、
組織にも多く還元されるということになります(^^♪

この仕組みにより、継続収入となり
権利収入=不労所得となっていきます。

購買型の特徴

・自分が愛用するので、在庫を持たなくてよい。
・販売しないので営業力もいらない。
・愛用者とビジネスをする人と分けて宣伝(広告)できる。
・自分だけでなく、チームが協力してくれる。
・販売型よりリスクが少ない。

今,ネットワークビジネスは時代に合わせて進化しています。

あなたのネットワークビジネスは進化していますか?

進化前のネットワークビジネスに参加する方は
初めて間もないころに、
ネットワークビジネスの魔の関門で辞めてしまいます。

画像の説明ネットワークビジネスの魔の関門とは?

ネットワークビジネスは、正しい方法で続けることにより、
失敗することがありません。

辞めてしまえばその段階で失敗です。

継続することで、収入が少しでも出たなら
テンションも上がり、ますますやる気が出ます。

これが、プラスのスパイラルですね!

継続しないことで、ますますやる気をなくす、
これは負のスパイラルです。

自分の感情がコントロールできるのは、
他の誰でもない、自分だけですよ。

自分の感情を常にプラス方向に向けること、
これも訓練ですし、必ずできます。

製品を愛用し、益々素敵な人になり、
豊かな人生を手に入れましょう!

▼インターネット×ネットワークビジネスの資料はこちらから▼

詳しくはこちらへ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

a:99 t:2 y:0